中古マンションでの投資はメリットはたくさん|高い利回りを期待する

賃貸経営を学ぶ

物件

物件の選び方とは

普通に銀行にお金を預けておいただけでは、ほとんど利息がつかなくなっているのが実情です。また、元本保証されている個人向け国債も、史上最低レベルとも言えるほど低い金利水準になっています。そのため、もっと効率のよい方法で資産運用を行いたいと望む人が増えてきています。特に高い人気を集めているのが、中古マンションに投資するという方法です。簡単に言うと、良い中古マンションを購入し、それを貸して家賃収入を得るという方法です。万が一、購入した中古マンションの借り手が見つからなかったとしても、株式投資で失敗した場合のように、無一文になってしまう心配はありません。そのため、大勢の人が中古マンション投資に注目しています。ただし、立地条件が悪いマンションを購入してしまうと、目論見が大きく外れてしまう可能性が高くなります。ですので、中古マンション投資を行う場合は、人気エリアに建つ物件を選ぶ必要があります。

今後の見通しを考える

史上初のマイナス金利施策が発表された影響で、今後どのような方法で資産運用を行っていけばよいのかと頭を抱えている人がたくさんいます。個人向けの普通預金の金利がマイナスになってしまうことはありませんが、現在のようにインフレが進行している状態では、たとえ金利がマイナスにならなかったとしても、預金の実質的な価値が目減りしていく一方になってしまいます。とはいえ、タンス預金はとても危険ですし、FXや株式投資は素人には難しすぎる投資方法です。しかし、中古マンションのオーナーになるという方法であれば、万が一失敗したとしても、マンションが手元に残ります。また、賃貸管理業務を丸ごと引き受けてくれる専門業者がいますので、賃貸経営のノウハウを何も有していない素人でも、資金さえ持っていればオーナーになることができます。そのため、中古マンションに投資する人が今後は増加する一方になるのではないかと予想されています。

Copyright © 2016 中古マンションでの投資はメリットはたくさん|高い利回りを期待する All Rights Reserved.